世界で1,000番目 福井中央レオクラブが誕生

(1)
チャリティショーの収益金を福井国体に寄贈。(1968.5.12)

福井中央レオクラブ

(2)
都はるみチャリティショーに慈光寮のお年寄り50人を招待。(1968.11.1)
(3)
青少年非行化防止の一環として、鷹巣鮎川海浜の夜間特別補導を実施。(1969.8.8)
(4) 年間最多会員増強を記録。(24名が入会)(1969)
(5) 福井中央レオクラブが結成され福井放送テレビの番組に出演。
(1970.11.1)【写真】

 

日本で初のゴールデン・ペン大賞(PR部門最優秀賞)

(1)
YEトップテン賞1位に輝く。
仙坊光男L.家族ぐるみでアルバム作成。 (1974.6月)

ゴールデンペン賞

(2) 不死鳥の願いを込めた少年の集い。
少年達がクラブ会員宅に一泊。
(1974.10.26~27)【写真】
(3) 日本で初めてのゴールデンペン大賞。
ハワイの国際大会で受賞。(1976.6月)
(4) 言語障害児の早期発見へテレビ番組で呼びかけた「希望のこだま運動」(1978.10.6)
(5) 「世代をつなぐ輪の集い」
老人ホーム、母子家庭、福祉施設の親、子、孫の三氏が手をつなぎ、励まし合った。(1976.10月)

 

三国海浜で感動の奉仕 身障児と海を楽しむカーニバル

(1) 快挙!!5つの国際アワード受賞。
村上国際会長からメッセージ。(1982.3月)

(2) 三国海浜で母子が感動の一日。
身障児と海を楽しむカーニバル。(1982.8月)【写真】
(3) 昭和天皇の御製碑を建立。
丸岡植樹祭で詠まれた歌。(1985.10.26)
(4) 国際交流。
「結ぼう友愛の絆。福井と杭州」
(5) 水とみどりと大地を守ろう!!
サツキを植えようキャンペーン。市民ぐるみで1,300本植樹。
タイムカプセル埋設← 2012年開封

 

環境保全対策に一役 福井新聞読者サロンに掲載

(1) 高齢化社会に対処しよう!!
ボランティア合同研修会開く(1993.11.23)

福井新聞読者サロン



d

(2) 介護基礎セミナー開く。
実技、おむつ交換にも挑戦。(1994.11.26)
(3) 守ろう環境フォトコンテスト。
県内各地から200点が出品される。(1994.10~3月)【写真】
(4) ジャンボ拍子木を寄贈。
25万人の火の用心キャンペーン。(1995.10.2)
(5) 介護奉仕と、ふれあいの一日。
加賀市のフルーツランドでぶどう狩り。(1996.9.21)
(6) 福井市民とともに「紫陽花」3,000本植える。
(1997.3.14)
(7) 地域警察官に対して安全資機材の贈呈。(1997.9.27)
(8) 非行防止用ビデオ制作と作品の配布。(1998.3.19)
(9) 永平寺「座禅の集い」へ小中学生160余名参加。(1998.8.23)
(10) 警察署へ巡回連絡票贈呈(独居老人・障害者宅用)(1999.3.25)
(11) フラトンライオンズ ブレックファーストクラブ姉妹提携調印式(1999.11.16)
(12) はばたけ21世紀こどもたちの世界。
福井市こども憲章額800枚贈呈(2000.1.30)
こども憲章文石碑建立2010年へのメッセージカプセル制作(2000.3.21)
(13) 県血液センターに献血広報車を寄贈。
ますます活発「あじさい献血」(2001.2.16)
(14) 「駅前クリーンアップ作戦」早朝、地下道などをきれいにする奉仕活動(2000.9.22,2001.4.6)
(15) 一粒の種から福井の空を美しく
『ケナフ栽培普及キャンペーン』
(2001.6.20の種蒔きから2002.3ケナフの種の配付まで)
d