スローガン


※クリックで拡大

福井中央ライオンズクラブ
2017.7~2018.6  
   会長 L.服部 さちこ
 

ご挨拶

この度、歴史と伝統のある福井中央ライオンズクラブ第56代会長を拝命致しました。“We Serve” の精神のもと、1962年に誕生した福井中央ライオンズクラブは、本年3月に 結成55周年の記念すべき式典を盛大にとりおこない、新たな一歩を踏み出しました。
初の女性会長に指名されました私は、身にあまる光栄であるとともに、その重責さを
ひしひしと感じているところでございます。お陰様で執行部のメンバーは素晴らしい方々でございますので、私も大変心強く思っている次第でございます。

今年度のスローガンは熟慮の末、
出席First ! 活気と友愛 熱い思いで感謝の奉仕」と いたしました。
その趣旨は、例会への出席が私達の活動の基本であり、それによって数々のアクティビティが成功すると確信しているからでございます。
例会が活気に満ちあふれ、委員会の活動が活発になることは、ライオンズクラブの大切な目的でございます。
会員同士が友愛精神を大切にし、熱い思いで感謝の奉仕活動をこの一年間行っていく為には、先ず仲間を増やし、しっかりと勉強しながら社会に貢献出来るよう務めて参りたいと念じております。 

ところで、皆様ご承知のように、本年はライオンズクラブの創立100周年フィナーレの年にあたります。今年度の国際会長に就任されましたインドのナレシュ・アガワル氏は、そのメッセージの中で次のように述べておられます。

‘‘ 奉仕はライオンズクラブの神髄です。奉仕こそ、私達の使命であり、存在意義を与えてくれるものです。皆さん、力を合わせ、私達は奉仕という伝統を推し進めていきましょう“

私は、ナレシュ・アガワル氏のこの言葉に 大変感動いたしました。
福井中央ライオンズクラブも、そのようにはっきりとした目的意識を持ち、皆様方お一人おひとりのお力をお借りし、明るく元気に楽しく活動して参りたいと思っておりますので、どうぞ皆様方 御指導 御鞭撻の程よろしくお願い申し上げます。


2017~2018年度 福井中央ライオンズクラブ
会長 L.服部 さちこ