国際協会のテーマ

『次なる山を目指して』


334D地区スローガン

「ひろげよう つなげよう 奉仕の心」

 

クラブスローガン

想いをつなげ 元気で楽しく 優れた奉仕

スローガン

 

クラブ基本方針

 

1.伝統的活力ある奉仕事業にこだわる

 

2.会員満足度の向上と参加型運営をする


3.友愛に満ちたクラブ・ライフを十分に楽しむ

      

4.新会員獲得による持続的前進をはかる

   


55周年を迎えるにあたって

結成50周年記念大会から5年。
地区キャビネットのホストクラブとして第60回地区年次大会を主催して3年。新たなスタートと原点回帰を誓って、今回の55周年大会の開催を迎える。
今こそ「心ひとつ」をテーマに「クラブの結束」を主眼に置き、記念式典・記念事業を立案したい。新年度早々、記念大会実行委員会を編成し、全会員の協力のもと起動したい。

 

運営委員会方針

クラブ設立時の熱い想いを今の我々がしっかり受継ぎ、次にしっかりと伝えていきたい。そして会員ひとり一人の情熱をつなぎ、さらにパワーアップし、55年の伝統あるクラブとしての運営を進めていきたい。次年度クラブスローガンにある「想いをつなげ」には、この思いが込められています。

出席・財務委員会

   ・例会出席率向上への施策推進
   ・55周年記念大会拠出と財政バランス

会則付則・GLT/GMT/FWT

   ・会員増強と会員の指導力育成の推進
   ・FWT活動の理解と定着化への促進

PR委員会

   ・クラブ事業活動の地域社会への発信
   ・クラブメンバー、関係クラブへの広報活動

計画委員会

   ・クラブ例会を中心とする各行事の満足度向上
   ・クラブ構成員を意識した参加型会合の計画

 

事業委員会方針

クラブ55周年記念事業との連動を中心に、会員全員の知恵を結集し、できれば地域の人達と共に行える奉仕活動と実施できるようにしていきたい。

環境保全(四献)委員会

   ・100周年記念奉仕チャレンジに参加
   ・クラブ55周年記念事業委員会との連動

教育・ライオンズクエスト(四献)委員会

   ・100周年記念奉仕チャレンジに参加
   ・クラブ55周年記念事業委員会との連動

社会福祉・薬害糖尿病・教育保健・四献委員会

   ・クラブの伝統と実績がある献血活動に集中
   ・クラブ55周年記念事業委員会との連動

国際プログラム・YCE・LEO・ネス視聴力障害者福祉(四献)委員会

   ・LEO、ネスの奉仕活動への参画と支援
   ・クラブ55周年記念事業委員会との連動

 

 

 

 

日本で初めての受賞
輝くゴールデンペン大賞

第59回国際大会にて
1976年6月 in Hawai